解像度

 

画像というのは点の集まりでできていますが、解像度は、画像のきめ細かさをあらわすもので、
数値が大きくなるほど画像は高精細になります。単位はdpiで、1インチ当たりのドット数であらわされます。

オリジナルTシャツプリントを業者に依頼する際、画像の入稿に際してこの解像度を指定されることがよくあります。
業者によって指定の数値は異なりますが、大体200〜300dpiを指定される場合が多くなっています。

400dpiであればかなり繊細なプリントが可能になります。Tシャツにプリントする画像のサイズが同じである場合には、
解像度が高いほど精密な画像となり、低ければぼやけた画像になってしまいます。
ただし元の画像サイズが大きければ、縮小して印刷することによってクリアなTシャツプリントが可能となります。

 

dpi値が低くても、画像サイズが大きければピクセル数はそれだけ多くなるので、
縮小印刷することによってdpi値の高いものを印刷したのとほぼ同じことになるからです。

 


不動産の収益物件などに投資するのも必要だろう。